女将塾とは

「温泉旅館」=「日本のおもてなし文化」の象徴です。
私たちは「日本のおもてなし文化」を守りたい。その想いで2006年に株式会社女将塾を立ち上げました。女将塾は温泉旅館の特化したオペレーション(運営)及びコンサルティング会社です。20年前は70,000軒あった温泉旅館が現在は40,000軒にまで減少しました。毎年1,500軒の温泉旅館が減少している厳しい現実の下、私たちは今後、今尚その存続に尽力されている数多くの温泉旅館を「温泉旅館の価値を高めてその活性化を促進する」お手伝いして参りたいと思います。

旅館運営の豊富な実績

旅館事業を手がけてきた女将塾では、
全国にある旅館の直営、運営受託、コンサルティングを行なっています。

「旅館運営の後継者がいない」、「集客に伸び悩んでいる」
そんな悩みを抱えている経営者様のご相談を受け付けております。

4種類のサービスをご用意しております

  • 運営
    コンサルティング
    集客向上のためのマーケティング支援、接客サービスの改善研修、新規・リニューアルプロデュースなど、お客様のご依頼に応じまして適切な選択肢をご提案、実施いたします。
  • 運営受託
    (提携・MC)
    お客様の経営の下、固定又は成功報酬型などご要望に応じまして、旅館・ホテルの日常運営をサポートいたします。
  • 運営受託
    (直営)
    旅館・ホテルの経営・運営を当社にて全て行います。お客様(オーナー様)へは施設使用料(賃料)をお支払いいたします。
  • 事業承継・施設売買
    アドバイザリー
    後継者不在や事業戦略変更による譲渡、再生案件、新規旅館事業参入など、お客様の状況に応じまして、適切な選択肢をご提案、執行サポートいたします。
事業内容の詳細はコチラ

経営ビジョン

想い
日本の温泉旅館を元気にする
計画
温泉旅館グループとして10年で50軒の直営施設を目指す
貢献
現在40,000軒ある温泉旅館の1%(400軒)をサポートする
実行
温泉旅館の経営を世襲=家業から企業に変える
改善
温泉旅館で働く人の満足度と待遇を改善する
育成
トライ&エラーの精神で挑戦し続ける人材を育てる
代表取締役 三宅大功